プリンシプルプログラミング プログラミング 未分類

【POP67】UNIX哲学②1つ1仕事について

はじめに

この記事は「プリンシプルオブプログラミング 3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則」を読んだ際に記した議事録です。

著作権の関係により、詳細には書きません。詳しい詳細を知りたい方はぜひ本書を読んでみてください。

プリンシプルオブプログラミングをPOPと訳します。

What : 一つのソフトウェアは一つの仕事

一つのソフトウェアは、一つのことをうまくやらせます。

例えば、、、

ディレクトリの内容の一覧を表示するコマンドに対して、見栄えを良くしようと、整形機能を追加したり、絞り込む機能を追加したりする機能を追加したりしてはいけません。

整形に関することは整形を専門とするコマンドを、絞り込むには別途絞り込むコマンドを作成して、組み合わせて利用しましょう。

Why : ソフトウェアがピュアになる

一つの仕事に集中させることにより、以下のようなメリットが得られます。

  • 不要な部分をなくすことができ、実行速度が速くなる。
  • コードがシンプルになり、機能追加などの融通が効く。
  • その仕事の本質を掴むことができる。
  • 他のソフトウェアでも比較的シンプルに、且つ簡単に再利用することができる。

How : 一つの仕事に集中させよう

繰り返しになりますが、いちソフトウェアには一つの仕事を担当させましょう。

中身が大きいのであればまず分割します。そして、小さな問題を解決できる小さなソフトウェアを作成します。大きい問題も、小さい問題解決の積み重ねで解決するようにします。

「すごいものを作りたい」という誘惑に負けてはいけません。多機能なものが素晴らしいのではなく、本質的な問題を確実に迅速解決できるソフトウェアに価値があります。巨大なソフトウェアあるあるなスパゲッティ・コードになっていないか。常に自問自答し続けて気をつけましょう。

終わりに

この記事ではプリンシプルオブプログラミング 3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則の議事録を自分用に記しています。

この記事ではカバーしきれていない部分も多いので、是非本書を手にとって読んでみてください。

次回、「【POP68】UNIX哲学③即行プロトタイプ」です。ぜひ、次の記事も読んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミッチー

小中高と野球漬けの毎日 ▶︎ 大学時に自分が何もできないことに気づき、プログラミング学習開始 ▶︎ PCは疎かったがめげずに継続 ▶︎ 受託で案件を頂きながら、オーダースーツ事業に、通販事業にも参戦 ▶︎ 東証一部Web系自社開発企業にエンジニアとして内定。

-プリンシプルプログラミング, プログラミング, 未分類

© 2022 オミチャンネル Powered by AFFINGER5