プリンシプルプログラミング プログラミング

【POP81】プログラマの3代美徳について

はじめに

この記事は「プリンシプルオブプログラミング 3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則」を読んだ際に記した議事録です。

著作権の関係により、詳細には書きません。詳しい詳細を知りたい方はぜひ本書を読んでみてください。

プリンシプルオブプログラミングをPOPと訳します。

What : プログラマの3代美徳

プログラマのさん大美徳とは「怠慢」「短期」「傲慢」です。いかが定義です。

・怠慢

プロジェクト全体の労力を減らすために手間を惜しまない気質です。後からみんなが楽できるように、役に立つコードを今書いてしまいます。

・短期

コンピュータのサボりに怒りを感じる気質のこと。効率的に動いていなかったり、いとどおりに動かなかったら直ちにコードを書き位なおしてしまう短期な気質です。

今ある問題に止まらずに、今後とも起こりうる問題を想定してコードを書いて置きます。

・傲慢

神罰が下るほどの過剰な自尊心を持つ気質です。高いプライドを持ち、人様に対して恥ずかしくないようなコードを書きます。

Why : 3大美徳で作業を仕組み化

この3大美徳を持つことで、コードを綺麗に保つことができます。ソフトウェアは必ず、保守しなければなりませんのでそのとき、コードを読みやすく、修正しやすくなっていれば要望に応えやすくなります。またそのスピードも早くなります。

How : 自動化、雛形、モジュール

・怠慢

繰り返し作業を自動化します。

コードを書いてツールを作って自動化します。ポイントは「いきなり自動化しないこと」です。作業手順を明確にしてから、自動化できそうなところの中から効果の高いところを見極めてから自動化していきます。

繰り返し作業を見つけたら自動化します。

ドキュメントについても一度作成したら、フォーマットは再利用しましょう。再利用ポイントは「ファイルを整理しないこと」です。大事なことは「検索できる状態にしておく」です。検索の際に使いそうなキーワードを盛り込みましょう。

・短期

起こりうる問題を想定して先回ります。ポイントは「変更されそうな箇所を見極めて、変更しそうな箇所は応用が効くようにしておく」です。ですがユーザーはわがままですので、設定ファイルでユーザーが動作をカスタマイズできるようにしておくなどが有効です。

・豊満

人様に対して恥ずかしくない仕事をして、保守していきましょう。自分で作ったソフトウェアはプロ意識を持って保守を容易にしましょう。ポイントは「作成したソフトウェアはモジュール化して管理しておくこと」です。

機能としてまとめられたモジュールは別のソフトウェアを作るときに再利用できます。

 

一般的には「一生懸命」「我武者羅」などハードワークをした人が偉い、すごいと思われがちですがプログラマのハードワークは意味がありません。本来は逆で、労力と時間を減らすほど貢献度は大きくなります。

終わりに

この記事ではプリンシプルオブプログラミング 3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則の議事録を自分用に記しています。

この記事ではカバーしきれていない部分も多いので、是非本書を手にとって読んでみてください。

次回、「【POP81】ボーイスカウトの規則について」です。ぜひ、次の記事も読んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミッチー

小中高と野球漬けの毎日 ▶︎ 大学時に自分が何もできないことに気づき、プログラミング学習開始 ▶︎ PCは疎かったがめげずに継続 ▶︎ 受託で案件を頂きながら、オーダースーツ事業に、通販事業にも参戦 ▶︎ 東証一部Web系自社開発企業にエンジニアとして内定。

-プリンシプルプログラミング, プログラミング

© 2022 オミチャンネル Powered by AFFINGER5